小木曽工業株式会社 先輩社員紹介 ウィンドウを閉じる
先輩社員紹介
先輩

名古屋工場 管理課 技術係 係員 若松 佳生

設備の修理・保全などが主な業務です。また、現場からの依頼でストッパや安全カバー、ステップなども設計します。突発的な設備の故障は、一時も早く復旧させなければならないため、ついさっきまで稼動していた設備の中に入って修理するのは暑くて体に堪える。そんな修理を重ねる度に作業時間が短くなると自分の力が上がったのが実感できる。日々、改良の中から正解をみつけだしていくこと、0からものを作りだす仕事は大変だけどやりがいがある。これからの目標は、一人で任される仕事を増やしてもらえるように、機械、電気の知識も身に着けようと思っています。

先輩

三重工場 管理課 技術係 係員 山北育実

中学生のときに、ラジオを作ったことや理科などの実験も好きで大学は理工系に進み、現在は、製品作りの設備を開発しています。私の仕事は、小木曽工業の製品を作りだすうえで、ひとつは製品の品質を高めること、もうひとつはコスト削減にあります。そのためにも品質工学を学びたいとも思っています。日々の仕事の中で問題が発生したときにひとつひとつ原因をつきつめていくことでしか解決ができない、そのことがやりがいになっているのだと思います。小木曽工業は、QCサークルの活動などを通じて若い人の意見をどんどん取り入れてくれる雰囲気があり、ベテランと若手がいい感じでつながっているんです。

先輩

春日井工場 管理課 技術係 主任 長田 敏希

製造ラインがロボット化され、そのロボットの動きをプログラミングするのが私の仕事です。プログラミングをするとロボットが動き、製品を作り出す。自分が制御する楽しみを実感する瞬間です。これから会社はどんどんロボット化を進めていきます。当然、仕事は忙しくなり日に4から5つのプログラミングをすることもあります。かなり肉体的にも精神的にもきつくてつらいのですが自分しかできないことを任されていると思うと背筋がシャンとします。これからの仕事は、後輩に仕事を教えること、そうなれば、もっと上のレベルで仕事ができると思うし、仕事の幅も拡がり、ますますロボット化がすすむ会社に貢献できると思っています。

先輩

三重工場 管理課 生産管理係 係長 渡部 健次

仕事は生産管理です。この仕事に必要とされるのはコミュニケーション力です。
注文→計画→材料の手配→ 生産現場への指示 → 配送依頼 といった計画表をつくります。当社の製品の品質を管理するうえで全ての工程がどれも重要で気が抜けません。予定通りに製品の加工が進まないときなどは、たいへんさを感じます。どんな小さなことや些細なことであっても日常的なコミュニケーションで問題解決に役立っています。これからは、材料の知識などを深めていきたいと思っています。全体をコントロールしながら詳細においても知っておきたいからです。また、お世話になった先輩の心を次に繋げるための仕事をしたいと思っています。

   
 
小木曽工業株式会社 copyright