工場概要

名古屋工場

工場
生産品目(生産量) 主要設備(台数)
引抜みがき棒鋼 (3,000ton / 月)
研削みがき棒鋼 (300ton / 月)
硬質クロームメッキシャフト (300ton / 月)
切断品 (800,000本 / 月)
Coil to bar 引抜機 (3台)
Bar to bar 引抜機 (2台)
バーターナー (2台)
センタレスグラインダー (6台)

連続引抜機Coil to bar 3ライン、棒鋼引抜 Bar to bar 2ラインでの引抜みがき棒鋼とセンタレスグライダー6台による研削みがき棒鋼を月産3300t生産、出荷しています。これらの製品は、顧客の製品仕様に基づき素材を購入して製品をつくるものと受託加工品として、製鋼メーカーから加工だけを受注するものがあります。又、顧客からの受注以外に春日井工場、三重工場、関工場の加工品の素材として生産しています。

春日井工場

工場
生産品目(生産量) 主要設備(台数)
スライドシャフト (10,000本/ 月)
転造ボールねじ、ナット (4,000本 / 月)
高周波焼入れ品 (100,000本/ 月)
ガンドリル製品 (70,000本/ 月)
センタレスグラインダー (7台)
高周波焼入れ機 (3台)
ガンドリル (15台)
NC旋盤 (69台)
マニシングセンタ (25台)
低周波戻し機 (3台)

名古屋工場、三重工場で生産したみがき棒鋼製品を切断、高周波焼入れ、ガンドリル加工、NC両端加工などの技術を使って転造ボールネジ、自動車用ピストンロッドネジなどを、中部地区の主要な部品メーカーへ供給するのが主な役割です。春日井工場は、名古屋工場に次ぐ歴史をもち、小木曽工業の中核的な役割を担っています。

三重工場

工場
生産品目(生産量) 主要設備(台数)
研削みがき棒鋼 (400ton / 月)
旋削みがき棒鋼 (1,300ton/ 月)
バーターナー (5台)
センタレスグラインダー (14台)
高周波焼入れ機 (6台)
自動切断システム (1台)
低周波戻し機 (6台)
ねじ転造盤 (4台)

美しい緑に恵まれ、広大な敷地を有する三重工場は、鋼材2次加工技術を複合した素材(旋削、研削、切断、熱処理など)からシャフト加工製品までの産業機械を中心に生産から加工までの単独での一貫生産が可能な工場としての特徴をもっています。 また、24時間稼動可能な自動切断システムなどを有し、受注から出荷まで短納期で供給することができます。

又、2015年度 生産体制の再編により、当社の主力工場となっています。

岐阜工場

工場
生産品目(生産量) 主要設備(台数)
めっきシャフト (100ton / 月)
めっき装置 (2台)
バフ研磨機 (2台)
超硬切断機 (1台)

当社の中では一番新しい工場で、OGISONブランドの一翼を担うメッキシャフトの硬質クロムによる表面処理を行っています。環境へ配慮した最新の表面処理設備を導入していますので、品質の安定した最長6mのメッキシャフトの生産が可能であり、それら設備を駆使して品質第一をモットーに生産しております。表面処理という当社では異分野の工場ですが、少数精鋭でがんばっており、これからますます期待のかかる工場です。

蟹江センター

工場